公式
週漫電子

神様のバレー

作者:西崎泰正 渡辺ツルヤ

2014年10月24日開始 2014年12月26日更新 [ 3話連載中 ] [青年マンガ]
スクロール
試し読み
再生(累計): 70438 | コメント(累計): 161 | お気に入り: 3562
作品紹介
「バレーボールに気合と根性は、いらない」

アナリスト。
それは相手チームを分析し、ベンチ外から作戦を指示するチームの“黒幕”。

実業団所属のアナリストが地区予選万年1回戦敗退の私立幸大学園バレー部を
全国制覇させた暁に、全日本男子バレー監督の椅子を約束されるが…。

中学生を率いて、策謀に満ちたアナリストの快進撃が始まる!!

エピソード一覧

表示切替:
1列表示
5列表示
並べ替え:
昇順
降順
  • 何回言ってんのうざっ こんなのとハイキューを一緒にしないでくれ ハイキューをゴミとか言...
    再生:25634 | コメント:92
  • 上手い選手=教えるのが上手いってわけではないし カオスw こいつよく候補になれたな これは...
    再生:21310 | コメント:39
  • テロではないな。クーデターの方が近い クーデターだろ たぶん監督が有名な人だからでしょ...
    再生:23494 | コメント:30

作者情報

作者
西崎泰正
初の本格(?)スポーツ漫画での連載作品なので、悪戦苦闘しながらも楽しんで描いています。
バレーボールと阿月達を好きになってもらえれば何よりです。
作者
渡辺ツルヤ
近代バレーを大きく進化させたのは、間違いなく”アナリスト”という草の者の存在だと思います。
私は断然鷲野監督派で、作戦よりも気合と根性でこの競技に携わってきた気がします。
なので、阿月コーチの嫌がらせと騙しは自分がやられたら嫌だな~というのを想像しながら書いています(笑)。
作戦が成功した時にスカッと爽快な気分を味わってもらえたら嬉しいです。
©西崎泰正 渡辺ツルヤ/芳文社
ページ上部へ