公式
水曜トーチでしょう

ファンタスティック ワールド

作者:ひらのりょう

2016年02月10日開始 2018年09月19日更新 [ 19話連載中 ] [青年マンガ]
スクロール
連載
再生(累計)
215760
コメント(累計)
1278
お気に入り
5386
ランキング(カテゴリ別)
過去最高:
13 [2016年02月25日]
前日:
--
作品紹介
【 約2年ぶりの新刊、第2巻 2018年9月14日発売 】
『この世界の片隅に』監督・片渕須直も共鳴!
Amazonでご購入はコチラ→http://amzn.asia/d/7wdNqK4

第18回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 審査委員会推薦作品。
地球空洞説を大胆に取り入れた快作!
巨大なバケモノや不思議な生物が生息する森に、一人さびしく生活していたビコと歯ちゃんによる壮大なる冒険活劇。

※各エピソードは、それぞれ公開期間が決まっているのでご注意ください。
・1〜2話…いつでも読むことができます。
・3話目以降…最新2話のみ限定公開


・・・・・・・・・・・・・

トーチweb
http://www.to-ti.in

エピソード一覧

表示切替:
1列表示
5列表示
並べ替え:
昇順
降順
  • こわ 家壊されたのに優しいな この頃からちゃんと正義の味方名乗ってたのか ビコ絵変わっ...
    再生:32145 | コメント:67
  • 受けてるよね…コレ…だってよwwwwwwwwww なんの骨ですかねぇ 人間の露出部で一番硬いんだっ...
    再生:25005 | コメント:60
  • 空洞の内側だもんな。幻想的ィ 内臓やん いってしまったのか… BLAME!っぽくてすごく好みだ ...
    再生:22096 | コメント:83
  • 最初っから雰囲気漫画だろうがアホタレェイ cvマフィア梶田 ここ、いつみても泣ける たいし...
    再生:16369 | コメント:69
  • ツニート様は集合知の化身なのだな かわいい 雰囲気あるよなこれ 友情! ツニート様ふつう...
    再生:13741 | コメント:76
  • kusa ここるさんちまん ウララー いい生活だなぁ(ニート並感) 近い将来ほんとにこうなる可...
    再生:13132 | コメント:98
  • デカかっただけで、一つの体だったのか? アキラだ でかーい!説明不要ッ! 何を出力する...
    再生:10323 | コメント:81
  • こいついいやつだな ロンバケのポスターがwwwwww ここクッソ笑うwwww ケロヨンやフラワーロッ...
    再生:10590 | コメント:81
  • 人が人を裁くという原始 多分返り血だと思う ドゥテルテ 河了貂也! あれ?もしかして、ク...
    再生:10744 | コメント:54
  • こんな見た目でも赤血球、あるんすね 泣ける;; ここマジで辛い ハーミットとハヌマーン...
    再生:10819 | コメント:69
  • 戦争経験者なんだろうなぁ… うわマジで部下の人っぽい、すげえな 歯ちゃんwwwwww ほんとだ...
    再生:8801 | コメント:80
  • だめかーwwww 機械部分役に立ってねえwww ↑こいつ頭悪そう なるほど、内側の世界だから...
    再生:7859 | コメント:43
  • おまえさん絵上手すぎひん? おまん☆^~!! 混血なのでは地上と地下の人の 言っちゃう...
    再生:9954 | コメント:82
  • 王馬? おマミ からざキモい この子東京都水道局の…! 最初から面白かったけど止まること...
    再生:8006 | コメント:85
  • 格差社会、貴賎優劣貧富 貧困の悪循環 ここめちゃくちゃゾッとしたゾ… 生きとったんか!...
    再生:3603 | コメント:61
  • カービィを描いた事がない奴の発言だなそれは ごくごくふつうの表現だよ そんなFコード押...
    再生:3493 | コメント:58
  • ワザマエ!、 おまかわ 確かに目が2個で同じだったな 仲間っていうのはヒトのことだろ ラ...
    再生:3023 | コメント:42
  • でもいい人そう 皮膚が透明とかアラバスターかよ 物理法則?そんなことより筋肉だ! オバ...
    再生:3257 | コメント:40
  • 素晴らしい理論 そうか、チャックか…… 更新してると思ったらなんなのかと思ったが、コメ...
    再生:2801 | コメント:49

作者情報

作者
ひらのりょう
1988年埼玉県春日部市生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科卒業。
産み出す作品はポップでディープでビザール。文化人類学やフォークロアからサブカルチャーまで、 自らの貪欲な触覚の導くままにモチーフを定め作品化を続ける。
その発表形態もアニメーション、イラスト、マンガ、紙芝居、VJ,音楽、と多岐に渡り周囲を混乱させるが、 その視点は常に身近な生活に根ざしており、ロマンスや人外のものが好物。
ひらのりょう
ページ上部へ