化け物が人々の首を次々と捻じり殺す漫画『午頭じゃぶり』

作者:阿保乃阿保

この作品には次の表現が含まれます
過激な暴力描写
2017年06月18日開始 2017年10月11日更新 [ 59話連載中 ] [その他マンガ]
スクロール
連載
再生(累計)
263667
コメント(累計)
130
お気に入り
724
ランキング(カテゴリ別)
過去最高:
4 [2017年09月13日]
前日:
--
作品紹介
○あらすじ
平和な小村・虚水郷はある日、午頭じゃぶりの狂気によってその村人のことごとくが殺され、壊滅する。壊滅した村は朝になれば、瞬く間にカラスの餌場となるが、その中に生き残りの男・戒がいた。戒は午頭じゃぶりの狂気を運よく逃れるが、瀕死の重傷により死の淵をさまよい、やがて意識を失う。しかし、通りすがりの子供にこれを見つけられ、助けられれば、村はずれの医者・閣の元へと連れられ、その命は甚だ回復する。戒、これにより死の危機を逃れるが、午頭じゃぶりの狂気に触れた禁忌の男に手を差し伸べる者は無く、戒は村八分の扱いとなる。まったくの孤独の中、人里を離れれば、ただ絶望のまま森をさまよう。その中で戒はその呪われた自己の命の存在意義を問い、そして午頭じゃぶりへの復讐を誓う。その道中、行き交う旅人から、鬼か魔さえ恐れる獣の暴れる街・迎陽の噂を聞き、これを目指し進む。

エピソード一覧

表示切替:
1列表示
5列表示
並べ替え:
昇順
降順

作者情報

(ユーザープロフィールは未入力です)
ページ上部へ