公式
comicコロナ

おかしな転生~最強パティシエ異世界降臨~

作者:原作:古流 望 キャラクター原案:珠梨やすゆき 漫画:飯田せりこ 脚本:富沢みどり

2017年12月25日開始 2018年08月01日更新 [ 5話連載中 ] [青年マンガ]
スクロール
連載
再生(累計)
421801
コメント(累計)
1980
お気に入り
35235
ランキング(カテゴリ別)
過去最高:
1 [2018年05月15日]
前日:
--
作品紹介
小説投稿サイト「小説家になろう」発の人気作品『おかしな転生』、
「COMICコロナ」にてコミカライズ連載スタート!

※現在は第1~2話+最新話の掲載になりますので、ご了承ください。

----------

【あらすじ】
貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。
次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。
類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職人だった。

容赦なく襲い来る盗賊、突然牙を向く野獣、狡猾で腹黒い貴族たちに、
水も乏しく荒れ果てた領地と、少年の下には数々の苦難と試練がふりかかる。
美貌の次期領主は、持ち前の知略とお菓子への愛情を武器に、剣と魔法の世界を生き抜いていく。
お菓子で笑顔を作ってみせると、幸せ溢れる領地を目指して、若きペイストリーの挑戦が今始まる!
最高のお菓子は最高の物語と共にある。世界を変える王道スイーツ・ファンタジー!

----------

■待望のコミカライズ第1巻、8月1日発売決定!!
 『おかしな転生Ⅰ 最強パティシエ異世界降臨』予約受付中!!

 TOブックスのオンラインストア限定特典・飯田せりこ先生描き下ろし特製イラストカード付き!
 → https://tobooks.shop-pro.jp/?pid=132160362

■原作小説Ⅰ~Ⅹ(以下続刊)好評発売中!

 特設サイトも要チェック!
 → http://www.tobooks.jp/sweets/

エピソード一覧

表示切替:
1列表示
5列表示
並べ替え:
昇順
降順
  • クリエート・スイーツの魔法 ペイスらしい 父ちゃん若い!! 5人目まで男生めないとか絶望し...
    再生:144774 | コメント:742
  • ヘルメットか盾ぐらい持たせろよあぶねーな シージのオペレーターがいますね… 豆は草 め...
    再生:117788 | コメント:316
  • リコだ お菓子は遠い 宗教はほぼ金で動くものだって他に収入ないものね 悪そうで実はいい...
    再生:69940 | コメント:286
  • 棒立ちで受け止めるな この歳でこのおっぱいすごいな わかりやすい格差 どこでそう判断し...
    再生:58919 | コメント:218
  • アホガード カラフルわたあめ! ケーキポップ!いろんな動物の マカロン おおお最終日に滑...
    再生:30380 | コメント:418

作者情報

作者
原作:古流 望
小説では表現しづらい部分を漫画的な表現で描いて頂けるのは、原作者として喜びを感じるところです。 主人公に振り回される大人たちであったり、悪友として染められていってしまう友人であったり。 そんな人間関係をどれだけ描いて頂けるのか、とてもワクワクしています。 私も一読者として漫画を楽しもうと思っていますので、是非一緒に楽しみましょう。
作者
キャラクター原案:珠梨やすゆき
小説の挿絵は枚数が限られていることもあり、描きたくても描けなかったシーンがいくつもあるのですが、コミカライズでは全て絵で表現されているので羨ましく思います。 コミカライズの世界でのペイス達の活躍を一読者として楽しみたいと思います。
作者
漫画:飯田せりこ
この作品は、主人公のペイストリーが"お菓子で溢れる国をつくる"という夢の実現のため、 数々の困難に立ち向かっていくお話となっています。 私自身もお菓子が大好きで、お菓子好きな人には伝わるかもしれない小ネタなんかを こっそり忍ばせていることが度々ありますので、 これはあのお店のあのお菓子がモデルかな? あのフルーツの特徴はあの品種かな?  などと作中のお菓子から推理して楽しんでいただけたらうれしいです。 原作ファンの方や、そして美少年好きの方々に優しい作品づくりのために編集部と日々試行錯誤を繰り返しておりますので、原作とともにコミカライズ版もどうぞよろしくお願いします。
作者
脚本:富沢みどり
最初にお話を頂いたときは、「異世界転生もの?」と戸惑い気味でしたが、 原作を読んだら、好きな世界観でありました。 しかもこれは甘ーいファンタジーではなく、国作りという壮大なスケールの物語でもあります。 私も、もともとドラクエ世代だったのを思い出しました。中高生の頃は小説版を読み、キュンキュンしたなあと。 そんな気持ちで脚本を担当しております。 古流さんの作り出す世界観、飯田さんの可愛らしい絵柄、それを繋ぐのが脚本の役割だと思っています。
©2017 Nozomu Koryu
ページ上部へ