黒のリーマンと氷城の銀華姫

作者:きくらげ

この作品には次の表現が含まれます
性的な描写
2019年09月16日開始 2019年10月05日更新 [ 10話連載中 ] [少年マンガ]
スクロール
連載
再生(累計)
896
コメント(累計)
0
お気に入り
33
ランキング(カテゴリ別)
過去最高:
--
前日:
--
作品紹介
氷ノ神の恩寵をうけし氷石に覆われた島国、氷国イプセリオンは十年前の事件を機に荒廃の一途を辿っていた。
事件の立役者であり英雄、人心の信頼厚き氷王ダヌアスにより安定した統治は続いていたものの、氷国を襲う凶変を抑えこむことはできずにいた。
更に追い打ちをかけるように唯一の陸路、大陸とつながる巨大な氷の橋が崩落し、孤立を深めていく。
そんななか例年通り、この国でただ一人、氷の魔法を操る銀華姫による祭祀が行われようとしていた。
祭祀の時のみ姿を現す、若く美しき氷ノ神の魔力を受け継ぐ姫プリオナ。それを一目見ようと海を渡って訪れる者たちで賑わう城下。
そして、祭祀の日に合わせ島へと向かう交易船の甲板に、二人の姉妹フィーアとミーシアの姿があった。


割とまじめな剣と魔法の世界に、スーツ姿のサラリーマンを名乗る男が出てくる世界観です。
他所で書いてたラフ漫画。同人誌で描いてるリーマンファンタジーシリーズの一環だったんですが、とりあえず未完成。

エピソード一覧

表示切替:
1列表示
5列表示
並べ替え:
昇順
降順

作者情報

きくらげ屋 https://plastic-people.sakura.ne.jp/
ページ上部へ