三菱重工業 を含むイラストが 21 件見つかりました ( 1 - 20 件目を表示 ) タグで検索

<<前の20件 | 1 | 2 |
絞り込み: 一般 (21)  |  春画(R-15) (0)  |  すべて (21)

そしてまた、涼月もこ ここにいる面子と隼鷹 あれ?利根と筑摩も三 隼鷹もここだよ(武蔵

閲覧:2585 コメ:4 クリップ:15

ワレアヤマテリ タブーワード「金星」 菜穂子「ナイスキャッ 夢が狂気を生み出すと ↑ほっぽちゃん「ゼロ ↑実装したら即行でほ 実装はよ これ装備やない!開発 ↑むしろあの

閲覧:9463 コメ:42 クリップ:18

90%以上再設計とかい ソースコード提供拒否 かっこいい ASM-3も将来的には積 こんなちっさい機体に 冗談抜きにこのF-2 設計思想と言うか原型 バイパーゼロか ですねぇ、

閲覧:2607 コメ:15 クリップ:49

第二次大戦型空母は双

閲覧:118 コメ:1 クリップ:1

〈◉〉出荷よー 〈◉〉<わ~い、た~ こっちみんな! 〈◉〉そんなー 〈◉〉「あめりかちほ ドナドナかな 〈◉〉<・・・? →サンディエゴ どこいくねーん! ボンビーのなすり

閲覧:4980 コメ:33 クリップ:11

ホークスが筑後に行っ この前行ったよ。そし なんと!香椎駅の隣で 香椎線の駅ですね、た 福岡香椎台郵便局の近 なお、西鉄貝塚線の香 ↑「JR香椎神宮駅」で てかJRに香椎「

閲覧:1202 コメ:9 クリップ:4

かっこいい!

閲覧:239 コメ:1 クリップ:2

行方不明の二隻も発見 長船は圧巻だなぁー

閲覧:895 コメ:2 クリップ:6

作ってたのに先越され 配布予定ありますか

閲覧:783 コメ:2 クリップ:2

ジパングコメが続いて ウェレンザホーン! 駆逐艦になってるじゃ ↑↑このハリネズミめ サルボー! ↑↑振り切れ―!! SM-3www ↑ジョーンズ!! ↑ 隊長!雷撃隊が! ↑???「撃ち

閲覧:4529 コメ:20 クリップ:40

おっと、これ船渠だっ この間、ここでプロジ 明日横浜行こうかな 他の船がどのドックで 龍驤はその船体の大き いえいえ、楽しんで頂 先週末、自分もこれを ここにも彼女が

閲覧:6946 コメ:30 クリップ:21

ジャッキー・チェンの フー・アム・アイ?の

閲覧:1432 コメ:2 クリップ:4

↑たしか遊覧船で運が ↑2今から100年以上前 神戸ハーバーランドか youtubeに神戸第1ドッ ↑ 信号機とかフェンス よく陸揚げしたなと思 潜水艦の史料館と言え 是非そうりゅう

閲覧:2446 コメ:11 クリップ:8

筆圧強い奴は鉛筆か0. 草加少佐「これが航空 まあ、そうなるな ↑彼は絵が趣味だから ↑お前さんはドラゴン ポチョムキン「解るぞ 筆を使え筆を この筆圧に耐える硬筆 ボーキ

閲覧:10749 コメ:27 クリップ:37

↑X-29の場合はオリ ↑8アメですらこの手 実験機ってことは、デ 周辺の反日国家が発狂 問題はエンジンを国産 これがどんな国産機の 心神の機体規模で戦闘 しかし末恐ろしい

閲覧:3570 コメ:42 クリップ:28

↑↑もしくは日向を加え 霧島「くそぅ!くそぅ ついでに鳥海も加えて ソコはメガネじゃなく 霧島も武蔵も、三菱重 長崎コンビ! 絵がキルミーベイベー マーシーのメガネを奪

閲覧:3797 コメ:10 クリップ:42

p-1 水平尾翼はF-35に近い ベクターノズルがYF-2 ミスったwキャノピー このままでも充分カッ

閲覧:872 コメ:5 クリップ:7

こりゃいい!給油口ま コメントありがとうご かっこいいのぜ!でも

閲覧:559 コメ:3 クリップ:4

SH-60Kは、日本の海上自衛隊がSH-60Jを基にして、三菱重工業と防衛庁(当時)で独自に改造開発を行い、哨戒能力の向上を目指した哨戒ヘリコプターである。(wikiより)

閲覧:149 コメ:0 クリップ:1

 三人兄弟の次男として生を受け、元々は画家を目指していたはずがなんの因果か海軍志望。  士官候補生時代はいわゆる「悪ガキ」であり、指導役もかなり頭を悩ませたという。  我が強く喧嘩腰、間違ってることには上司にも食らいつく(たまに殴る)過激さの一方で、他人以上に自分に厳しく常に工夫と努力を怠らない人柄から、多くの人々に好かれていた。その辺が、自分をぶん殴った板倉に恩赦を与え、後に彼の手土産のブランデーの瓶を死に際するまで手放さなかった当時の「最上」艦長、鮫島具重大佐のエピソードに現れている。  彼が乗り継いだ艦は時系列順に扶桑、最上、青葉、伊68(のちの伊168)、加賀、そして如月。如月以降は本格的に潜水艦乗りとして手腕を発揮し、派手さはないが必ず生還することで高い信頼を得た。  ……実は如月での航海長時代に、座礁事故を起こしているらしい。すぐに復帰したから良かったようなものの、意外に抜けてるところもあったりする。  また太平洋戦争末期あたり、特式内火艇「カツ」を使った「竜巻作戦」の実行を命じられるが、「カツ」が使い物にならないと上層部に食って掛かり大目玉を食らっている。  この後、人間魚雷「回天」部隊の育成を受け持つことになり、山口県徳山市(現・周南市)の大津島突撃隊司令を拝命。多くの若者を教育しながら自身も回天による出撃を熱望したがついに叶わず、終戦を迎える。終戦時は自決すら覚悟したが、説得されて回天隊の戦後処理に当たった。 「一度死を本気で決心した後、生の喜びを味わい、『生きていることの本当の意味』が解った者に、再び死の覚悟をさせるのはあまりにも残酷すぎる」 その当時の彼を象徴する言葉である。  戦後は海上自衛隊幕僚技術部、三菱重工業神戸造船所勤務。また1963年(昭和38年)4月、海上自衛隊潜水艦「はやしお」の深々度公試で操艦を指揮し、かつての「不死身の男」の健在ぶりを見せていたようだ。  幾度となく死線をくぐり(場合によっては味方からの切腹命令もあった)、その度に生き抜いてきた不死身の男も時の流れには勝てず、2005(平成17年)10/24、永眠。晩年、人の判別もできぬほど弱っていたらしいが、それでも夫人の顔だけは忘れなかったという。

閲覧:762 コメ:0 クリップ:3


<<前の20件 | 1 | 2 |