ログインすることで、フルサイズの画像を閲覧・コメントの投稿ができます。
漢字の成り立ち 「童」

漢字の成り立ち 「童」

投稿者:いぬえんどぅ さん
金文の字形は下部が東(嚢/ふくろ)で、音符は東 のち重に従う字形があり、里はその省略形 上部の立の部分は古くは辛と目とを組み合わせた形で、 辛(把手のついた大きな針)で目の上に刑罰として 入れ墨の刑罰を受けた者 童は受刑者であるから、結髪を許されず、 それで結髪をしない児童をまた童という 参考文献:新訂 字統/常用字解 白川静 【お借りした素材】 アリアB(AB8b):かこみき様 振袖:金子卵黄様 羽子板/羽根…
2019年07月30日 06:28:19 投稿
登録タグ
はじめての方はアカウント新規登録へログイン画面へ
読み込み中です
このイラストに関連するイラスト
2019年10月17日 08:14:33
2019年08月16日 17:56:49
2018年02月19日 20:44:36