怪奇四十面相 江戸川乱歩 名作ベストセレクションⅡ(3)

  • 2016年03月12日 公開
  • 閲覧数 6
  • コメント数 0
  • マイリスト 0
  • シリーズ: 江戸川乱歩 名作ベストセレクションⅡ
  • 著者: 江戸川乱歩
  • レーベル: ゴマブックス
  • ジャンル: 文芸
  • 何度つかまっても牢をぬけだす怪人二十面相。 今度は名前を「四十面相」とあらため、どうどうと脱獄を宣言した。秘密をさぐるため拘置所にやってきた明智小五郎は、二十面相との面会のあと、なぜか世界劇場の楽屋へ…。 劇場では「透明怪人」事件のしばいが、まさに上演されている最中だった。
    著者: 江戸川乱歩
    レーベル: ゴマブックス
    ジャンル: 文芸
    チャンネル: ゴマブックス

    何度つかまっても牢をぬけだす怪人二十面相。 今度は名前を「四十面相」とあらため、どうどうと脱獄を宣言した。秘密をさぐるため拘置所にやってきた明智小五郎は、二十面相との面会のあと、なぜか世界劇場の楽屋へ…。 劇場では「透明怪人」事件のしばいが、まさに上演されている最中だった。 【著者プロフィール】 江戸川乱歩。1894年(明治27年)10月21日生まれ。 我が国が生んだ推理小説のパイオニア。筆名は自身が敬愛した作家エドガー・アラン・ポーから取っている。 1923年(大正12年)、「二銭銅貨」で文壇デビュー。1936年(昭和11年)、ジュニア向けに「怪人二十面相」を執筆。明智小五郎、小林少年、少年探偵団が活躍する同作品は、その後「少年探偵団」「妖怪博士」とシリーズ化され、国民的人気小説に。探偵の真似をする子供が急増。作品に登場する「七つ道具」「BDバッジ」といった玩具を生むなど社会風俗にも大きな影響を与えた。 「屋根裏の散歩者」「人間椅子」「パノラマ島奇談」「陰獣」「芋虫」をはじめ、映像化された作品は数えきれない。 晩年は日本探偵小説クラブ(現・日本推理作家協会)の初代会長、ミステリ専門誌「宝石」の責任編集者「ヒッチコックマガジン」のオーナーを歴任。後進の育成に励んだ。 昭和40年(1965年)没。

  • 賭ケグルイ訴求バナー
  • この本と一緒によく読まれている本

    ニコニコ市場を読み込んでいます…

    全てを読むにはこの電子書籍を購入する必要があります

    怪奇四十面相 江戸川乱歩 名作ベストセレクションⅡ(3)

    書籍・プラン・必要ニコニコポイントをご確認ください

    怪奇四十面相 江戸川乱歩 名作ベストセレクションⅡ(3)

    無期限プラン
    pt

    利用規約

    所持ニコニコポイント
    pt
    決済後残りポイント
    pt

    購入手続きが完了しました

    怪奇四十面相 江戸川乱歩 名作ベストセレクションⅡ(3)

    閲覧期限 【

    無期限

    所持ニコニコポイント
    pt

    エラーが発生しました

    購入失敗

    購入に失敗しました。
    ご不便をお掛けし申し訳ありません。
    画面を再読み込みして再度ご購入をお試しください。

    エラーが発生しました

    購入失敗

    すでに購入済みです。
    画面を再読込して再度閲覧をお試しください。

    エラーが発生しました

    購入失敗

    ポイント利用規約へ同意されていません。
    利用規約の内容をご確認し同意した上でご購入を続けてください。

    エラーが発生しました

    購入失敗

    ニコニコポイントが不足しているため書籍をご購入いただけません。

    エラーが発生しました

    購入失敗

    ただいまメンテナンス中です。
    ご不便をお掛けし申し訳ありません。
    しばらく待ってから再度ご購入をお試しください。

    エラーが発生しました

    購入失敗

    ログインしてください。

    エラーが発生しました

    購入失敗

    予期せぬエラーが発生しました。
    しばらく待ってから再度ご購入をお試しください。