公式
FLOSコミック

聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~

作者:小々森鵺(著者) 新山サホ(原作) 羽公(キャラクター原案)

2018年11月30日開始 2021年04月16日更新 [ 18話連載中 ] [少女マンガ]
スクロール
連載
再生(累計)
7857059
コメント(累計)
9690
お気に入り
114528
ランキング(カテゴリ別)
過去最高:
1 [2018年12月02日]
前日:
14
作品紹介
婚約者は自分を裏切って、貴族のご令嬢と結婚。さらに流行風邪を患い、18歳という若さでこの世を去ったセシル。
(来世は絶対自由にたくましく、自分の思う通りに生きてやる――!)
それから500年の時が経ち、リズとして生まれ変わったセシルは、前世の記憶を持ちながらも“不思議な力”に助けられながら生きていた。
そんなある日、リズは平民でありながらも聖女として見いだされる。だが、彼女の前に“自分を裏切った前世の恋人”が現れて……!?
「小説家になろう」発の大人気小説がコミカライズになって登場☆
魔力? 持ってません。身分? 平民です。でも二度目の人生は勝手にさせてもらいます!

エピソード一覧

表示切替:
1列表示
5列表示
並べ替え:
昇順
降順
  • ただしデンバーはダメです。 聖女になるの多すぎやせんか 教育って大事だな、物事の裏を読...
    再生:340133 | コメント:463
  • なにやら嫌な予感がするのぅ… まあアルビノの魔力なしを引っ張っていくには多少強引な手...
    再生:240891 | コメント:120
  • 頭沸いてんのか? お前キモいオッサンと対等に話せるのかよ アルビノだから赤い瞳 通ってな...
    再生:243113 | コメント:118
  • 封建制じゃ爵位と領地はその貴族の物、王が奪おうとするなら戦争だ! 他の人に聞いてもわか...
    再生:243477 | コメント:291
  • 私リズ・ステファインどこにでもいる街の変s()聖女候補 どうせすぐ行方不明になる 同じ王都...
    再生:169751 | コメント:136
  • すごくよみやすくていいじゃあないか。うむ 種返せ 櫻井っぽい いや見えたから連れてきた...
    再生:162816 | コメント:126
  • 間抜けとかのコメント読むたびに、「確認」をちゃんと出来てる人だよね?といいたくなる 女...
    再生:166870 | コメント:188
  • 某悪役令嬢「土との対話してるのね、さあ、あなたも畑を作りましょう」 ヌカランチャー ぬ...
    再生:155546 | コメント:90
  • 隙あらば日本人キモいとか言い出す成り済ましもゴキブリとかに転生して 全て伝聞で本音は...
    再生:156046 | コメント:81
  • 魔法だろ? 良い奴って言うか、そもそも心が追い詰められてる状態なだけで、優しさを受け入...
    再生:153747 | コメント:115
  • これ知ってる。女神の生首生えるヤツたろ? かっこいいおじさんがかけない 落語心中で見か...
    再生:160236 | コメント:144
  • 引っ込めよクズ男 初めからほぼ両想いみたいなもんだし仕方ない お前じゃねぇ引っ込んでろ...
    再生:84772 | コメント:14
  • まさか・・・いやいやお大事になさってね! 休むのは大事 コロナですか? 牛=おっぱいか? お大...
    再生:122554 | コメント:66
  • バカなヤツほど人をバカにしたがるのなんでだろうな? もう10月半ばだけど連載されないのかな
    再生:83175 | コメント:99
  • まさに万能 マノンは状況を察してそう さて縦横どっちに成長したのかな? 闇属性にはつらたん
    再生:85034 | コメント:161
  • 嫌がらせが通じないことを耐える、とはw 頂肘やな いいえ、ただのちょんです コロドの聖女...
    再生:79641 | コメント:166
  • エミリアはつくれる シュレディンガーのエミリア 両方だろ 疑うのは信じるためでもある ね...
    再生:76194 | コメント:76
  • この後のざまぁ展開のための一旦落とすとこかな たとえばツバサを捻って問い詰めようと! ...
    再生:56838 | コメント:106

作者情報

作者
小々森鵺(著者)
(ユーザープロフィールは未入力です)
作者
新山サホ(原作)
(ユーザープロフィールは未入力です)
作者
羽公(キャラクター原案)
(ユーザープロフィールは未入力です)
(C)Nue Kogomori 2018  (C)NIIYAMA SAHO 2018
ページ上部へ