ゆかな を含むイラストが 132 件見つかりました ( 1 - 20 件目を表示 ) タグで検索

<<前の20件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
絞り込み: 一般 (132)  |  春画(R-15) (5)  |  すべて (137)

※動画内だと一見何か

閲覧:102 コメ:1 クリップ:0

今日は発明の日と言う事でグライダーの左右の傾き等で操縦する特殊車型メカの操縦室を描いてみました。春も折り返して大型連休も近くなりましたね。大型連休の予定はありますか?

閲覧:84 コメ:0 クリップ:0

そう少女を問い詰めるゆっきーの「それ」は最早自身の「生徒」に対して向けてのものでは無い。                              自身と他の生徒達、何より自身が仕える「主」と「組織」を「脅かすもの」に向けての「それ」であった。

閲覧:74 コメ:0 クリップ:0

ミユキの「調査」の範囲に於いてこのゆっきーという存在はこの場に居る他の誰よりも「メルヘン」や「ファンタジー」とは全く真逆の者であるという「認識」であった。                                   如何に遠い遠い先祖に「光の園」の者に見出された「起源にして頂点」の一角であった「キュアホワイト」こと「雪城ほのか」を祖に持つ彼女であろうとも。                              だからそれから予想以上に大きく「逸脱」した彼女のその言動にミユキはただただ見た風体以上に少女は「驚嘆」していた。

閲覧:99 コメ:0 クリップ:0

例え「愉悦部」であろうとも、例え「狂人」であろうとも「彼女」の本質は紛れも無く「科学者」の「それ」である。                                               故に「説明」の付かない、「理論」の成り立たない「不確定」なものを断じて「肯定」などしない。                              彼等、そして彼女達の「それ」は必ずに「確定」へと至らしめる確固たる「理論」が存在しているのだ。

閲覧:105 コメ:0 クリップ:0

そして「彼女」のその「推測」をより「確信」へと至らしめる「存在(もの)」――――

閲覧:95 コメ:0 クリップ:0

※因みに「別世界線」

閲覧:115 コメ:1 クリップ:0

様々な「情報」や「状況証拠」を収集し精査した結果、彼女はひとつの「答え」を導き出した。                                   その凡それまでの彼女からは決して有り得なかったであろう、その「答え」を。

閲覧:117 コメ:0 クリップ:0

【ブラジリア(Brasilia)】                                      南米の大国ブラジルの首都。未だにリオやサンパウロが首都と思ってるヒト、間違ってますからねw ブラジル中央の標高1100mのブラジル高原に1960年同国の建築家ルシオ・コスタの設計により作られた所謂「計画都市」であり、人造湖のパラノア湖の畔にまるでナスカの地上絵を思わせる羽を広げた鳥を模した独特の構成となっていて、静画の背景に映る「国会議事堂」や「行政庁舎」「最高裁判所」「各国大使館」「ブラジリア国際空港」や半地下構造の「大聖堂」など政治や司法、文化関連の施設が建てられている。因みに主だった公共施設の設計にはNYの「国連本部」の設計を手掛けたブラジル人建築家オスカー・ニーマイヤーが携わっている。その独特のデザインや美しい建築様式が評価され1987年にユネスコがこの都市を「世界遺産」に登録している。本来なら古代や中世などの遺構や建築物、都市が対象となっていたのが当然であった従来からすればこれはかなり異例の事で、これ以降は築40年以降の物でも基準対象となるという前例を作った事になる。

閲覧:71 コメ:0 クリップ:0

【メッカ(مكة)】                                          中東はサウジアラビアのマッカ州の州都。正式名称は「栄光あるマッカ」を意味する「マッカ・アル=ムカッラマ(مكة المكرمة )」(別名「町々の母」を意味するウンム・アル=クラー(أم القرى))。マッカと聞いて某アトラスのゲームを思い浮かべたヒトは同志w 紅海から80㎞西方に行った内陸の狭隘な砂地の「アブラハムの谷」にある。この都市は全世界数億の「イスラム教徒(ムスリム又は回教徒)」にとっての最も重要な「聖地」であり、信者は一日に五回決められた時間に全世界の「礼拝場(モスク)」をはじめとしたあらゆる場所からこの都市にあるモスク「マスジド・ハラーム」の中心にある黒い布に覆われた「カアバ聖殿」に向かって祈りを捧げる事がイスラム教の聖典「クルアーン(コーラン)」によって定められており、また生涯に一度はこの場所に「巡礼」を行う事が「義務」となっている(特に「スンナ派」の場合)。因みに「イスラム教徒」で無い者はこの町に入る事すら許されず、過去にはイスラム教徒に扮し侵入した「異教徒」が捕らえられ「処刑」された事もあるなど相当厳格に「教義」によって護られた正に「イスラムの聖地中の聖地」である。

閲覧:73 コメ:0 クリップ:0

※昔、タイに行った時

閲覧:95 コメ:1 クリップ:0

【欧州評議会(Conseil de l'Europe)】                                フランスはグラン・テスト地域圏の首府にしてバ=ラン県の県庁所在地のストラスールという「アルザス」とも呼称されたかつてのドイツとの係争地にある国際機関。2021年”当時”は欧州連合(EU)とは別組織で、加盟国も東欧やロシアを含めたものと巨大で本当の意味で「欧州連合」とも言うべき存在。しかし五百年後の”現在”は「ロシア内戦」や民族・宗教対立の激化からEUの構成組織として統合。EUの議会運営を担当する部門となっている。現在は準加盟国扱いのカザフスタンをはじめとした中央アジア各国も加わっており、UKやバチカンやロシアから分離独立したハバロフ・カムチャツカヤ極東連邦を除く全欧州・中央アジア各国が集う巨大国家連合となっている。因みにロシアは構成国ではあるが安保理常任理事国の資格はそのまま堅持しているという聊か歪な関係となっている。

閲覧:83 コメ:0 クリップ:0

【ウエストミンスター宮殿(Palace of Westminster)】                              英連邦首都ロンドンの中心部を流れるテムズ川沿いに建つ宮殿。イングランドの基礎を作ったとされるアングロ・サクソン人の時代から基礎となる建造物があったとされ、中世期の頃までにはイングランド王の宮殿として確立していたと言われる。因みに確認されている部分で最古の建造部分はウイリアム2世の時代に造られたもの。しかし1529年に大火に見舞われたのを切っ掛けとし翌年の1530年には当代の王ヘンリー8世は枢機卿のトマス・ウルシーより譲り受けたヨーク宮殿へと移居し一時的にイングランドに議会と裁判所が二つ存在する状況になった。1834年に再び宮殿は火災に見舞われ、「ウエストミンスターホール」や「聖ステファン教会」の地下や回廊を除く全てが消失してしまう。その後の再建計画では新古典派式建築を望む一派を退けゴシック様式の建築に決定。その一世紀後の第二次大戦におけるドイツ軍のV1ロケットによりロンドンが爆撃を受けた中でも辛うじて被害を免れ、21世紀の現在も併設する時計塔「ビッグベン」と共にロンドンのシンボルであると共に政治の中心となっている。構造は中央の尖塔を境に北側に下院、南側に上院と王室関係が入る「ロイヤルギャラリー」に分かれている。先程建築様式をゴシック様式を取り入れたと記したが視覚的にはあまりゴシック調は目立たず、部分的にバロック様式であったり、古典様式、或いはチューダー様式を取り入れたりと時代の変遷に伴い様々な様式を取り入れている事が分かる。因みにこの建物も1987年に「世界文化遺産」としてユネスコに登録されている。

閲覧:76 コメ:0 クリップ:0

「彼ら」を自らの「支配下」に置くという事。                              「それ」は即ち「彼ら自身」と「彼らの国」や「影響下にある領域」の「全て」に対し「彼ら」が有する一切の「権限」をこの「少女」が「行使」出来るという事を意味していた。

閲覧:84 コメ:0 クリップ:0

※謙虚さを失ったマジ

閲覧:84 コメ:1 クリップ:0

「それ」はゆっきーやまめぐ達には決して芽吹く事の無かったもの。                         そして逆神や姉達には決定的に足りなかったもの。                           目の前のこの少女は自分よりも、他の誰よりも強く、明確に「それ」を抱いている。                              ゆっきーはそう「確信」していた。

閲覧:83 コメ:0 クリップ:0

そう「断言」はしたもののゆっきーにはまだ自分の中で「埋まらない空白」が存在していた。                              もし今まで自分が言った事が正しいのなら現在進行形でミユキが逆神や首脳達に「要求」している事。                              「それ」を何故「ここまで」進めておきながら更に「強要」しようとしているのかが。

閲覧:75 コメ:0 クリップ:0

「ここまで」のミユキの見るにゆっきーが理解出来たのは、彼女が決して「博打をしない性格」だという事。                              「ポリ組の乱」後にブルースカイに移動してからここまでたった半年ではあるにも関わらずこの短期間で今の地位を手に入れた訳だが、その過程のどれもが恐らくは相当に巧妙且つ確実な「一手」を打って、打って、打ち続けて、遂にこの「天元」の場まで至らしめたのであろう。                              そんな彼女が本当に「これだけ」で己の求めてる「絶対的な支配」を確立したと思うかと言えば決して「そう」とは考えていないのでは無いか?                                    そもそも逆神にしろ彼等にしろ「今の」ミユキと違って「ただのニンゲン」である。                                   元々姉のナツミ共々に体の半分に「エルフ」の血が流れている彼女とは流れていく「時間」が異なっているのだ。                                                  如何に今彼女達に「支配」を施そうと彼女達もやがては力を失い、権力から離れ、そして・・・寿命も尽きる。                              そう、少女よりもずっと早くに。                                        そんな明日も知れぬ「泡沫の存在」を「支配」しても彼女の「最終的な目的」は達せられないのではないのか。                              ゆっきーはそう考えた。

閲覧:72 コメ:0 クリップ:0

※ニコ動では「タラち

閲覧:91 コメ:1 クリップ:0

※「肉壁」とか「人間

閲覧:104 コメ:1 クリップ:0


<<前の20件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |