ユキト を含むイラストが 203 件見つかりました ( 181 - 200 件目を表示 ) タグで検索

関連タグ:
絞り込み: 一般 (203)  |  春画(R-15) (2)  |  すべて (205)

1日3本。 五所川原営業所発、五所川原駅前から高野(こうや)地区へ向かい、松島団地からまた五所川原駅前に戻り、五所川原営業所が終点のが1本。 営業所発、駅からぐるっと回って駅が終点の便が1本。 駅発、ぐるっと回って駅を経由して営業所が終点の便が1本。 また早朝、区間便として、上高野発、水野尾経由駅前ゆきが1本ありました。 環状線の方で営業所→営業所の便は、1周すると運賃が始発に戻ります。 この路線は、「東高校線」と「高野線」を混ぜて高野東高校環状線という名前で運行され、運賃が上がり下がりがかなり激しいです。 東高校は五所川原第二中学校の校舎になっているので東高校の部分が消え、高野環状線で運行。 その後は路線の見直しがされ、2020年3月31日をもって飯詰能開短大環状線と共に廃止。 現在はその代わりとして、水野尾線と飯詰線が運行されています。 バスが通らなくなった七和地区は予約型タクシーの運行に切り替わりました。 方向幕時代は南廻りは赤、北回りは青で書き分けていました。 途中の上高野バス停は、黒石駅前発浪岡経由の上高野ゆきと同じバス停です。 my/clip/3257718

閲覧:61 コメ:0 クリップ:1

早朝、各方面から向かう聖愛高校ゆきというのは、弘前駅を経由せず、中央通り2丁目の次は上代官町へ曲がっていました。 弘前駅を経由を経由するようになったのは、つい最近ですね。 7:25ころ駅に到着し、8:00ころ聖愛高校に到着します。 弘前駅を経由する聖愛高校ゆきは、鯵ヶ沢線と下青女子(板柳方面)とこの船沢線です。8:00には駅始発の聖愛高校ゆきもあります。 聖愛高校へ向かう系統が9ほどあるためか、8:00の実業高校のあたりの道を何台も通過します。 小栗山線や座頭石線やほかの系統も通る道なのでかなり混雑します。 船沢~聖愛高校線は冬季のみの運行です。

閲覧:82 コメ:0 クリップ:1

平日の朝1本往路のみ運行されています。 黒石からも弘前の高校へ向かう路線バスが出ています。 こちらは黒石駅始発聖愛高校ゆきですが、 別に板留発黒石駅経由弘前南高校ゆきもあります。 こちらは弘前駅を経由しません。 和徳から代官町バス停通過後、上代官町、弘前大学、聖愛高校まで進みます。 他の聖愛高校ゆきと一緒になって走ってきます。 また通勤時間帯で車も多く、中野のあたりは道が狭くなってきますので、非常に混みあいますね。通常弘前→黒石駅im10628165 まとめmy/clip/3257718

閲覧:79 コメ:0 クリップ:1

宮園団地線の終点、宮園5丁目県営住宅前が始発ではなく、2つ前の宮園県営住宅前が始発。 郵便局前まで宮園団地線の弘前駅ゆきと同じ経路で、みちのく銀行の交差点を右折し、上代官町、弘前大学、聖愛中高校へ向かいます。冬季のみの運行です。7:20発で8:05着と書かれています。 その5分前、7:15に弘前南高校ゆきが発車します。→im10680790 弘前大学方面へ向かうバスの経由地に「富田大通り」と書かれていますが、実はその名前のバス停はなく、富田3丁目が富田大通りに該当すると思います。 まとめclip/3257718

閲覧:79 コメ:0 クリップ:1

早朝に2往復のみ運行されます。 藤代営業所→駒越→松森町→小栗山(弘前営業所)へ向かう特殊系統です。 松森町を通り、弘前大学を経由しない小栗山ゆきという珍しい路線。 駅に行かなくても小栗山まで一気に行くことが出来る路線。日中も走っていたらどうだろう、と思います。 まとめclip/3257718

閲覧:74 コメ:0 クリップ:1

20:10バスターミナル発。 藤代営業所ゆき(駒越線)の時刻表に書かれていました。 工業高校経由の藤代営業所ゆきと駒越まで同じ経路で、その後は枯木平線、弥生線、葛原線と同じ熊島、一町田を岩木庁舎前を通り、津軽中学校通り(20:45着)が終点の路線。 往路1便のみ。 始発の表示 「弘前バスターミナルー駒越ー津軽中学校通り」 2018年10月1日より枯木平線の路線の見直しが行われ、その区間便として岩木庁舎線ができたことによりなくなりました。岩木庁舎線の方は城西団地の中を経由せず、工業高校前の次は駒越です。 岩木庁舎前の次が津軽中学校通りです。 岩木庁舎線 im10678920 my/clip/3257718

閲覧:62 コメ:0 クリップ:1

だがキリコは彼女の―――ミユキという少女の「本性」をまだ「何も」知らなかった。

閲覧:71 コメ:0 クリップ:0

ゆきとまと式日娘ちゃん可愛いし袴の色も大好きです(*´▽`*) 和テイストを目指したかったです… お借りしました モデル:ゆきとまと様 アクセサリ:〆鯖様、つん様 スカイドーム:怪獣対若大将P様 ステージ:野生の何か様 エフェクト:おたもん様、ikeno様、OH!YEAH様、針金P様、ミーフォ茜様、そぼろ様、めめ様、ラテ様、月結様 コモンズ:nc36060 tktk様の画面効果を使わせていただいています。

閲覧:191 コメ:0 クリップ:6

エフェクトの練習ッ!!お借りしたものもでる:ゆきとまとさま すてーじ:はちぶさま 背景:きっちさまえふぇくと:下っ腹P、lessさま、そぼろさま、おたもんさま、ikenoさま、みたもさま、針金P、ウララ在処さま、東郷 枢さまありがとうございました~!

閲覧:55 コメ:0 クリップ:2

お迎え②ʕ•㉦•ʔ⊃【お借りしました】⊂ʕ•㉦•ʔもでる:てょさま、ゆきとまとさま ぽーず:テキテキPえふぇくと:おたもんさま、そぼろさま、下っ腹P、めめさま、あやこさま、ビームマンP、おおきさま、東郷 枢さま、lessさま、針金Pありがとうございましたʕ→ᴥ←ʔ

閲覧:76 コメ:0 クリップ:3

コミュ限で動画投稿したけどコミュ限定動画はツリー登録できないのでこちらにお借りしたものを登録しておきます。どうもありがとうございました!お借りしたもの(っ ∂ ω ∂ c )ゆきとまとさま ジジジさま そぼろさま 針金P 下っ腹P papicoさま しかきちさま runさま

閲覧:307 コメ:0 クリップ:3

SS投稿サイト ハーメルンで投稿中。挿絵のバックアップ用で。 https://syosetu.org/novel/151882/

閲覧:131 コメ:0 クリップ:0

ドイツ連邦軍JG-73のパイロットの鷹野みゆきとゆのっちとミコヤン・グレヴィッチМиГ-29УБ。

閲覧:88 コメ:0 クリップ:0

ニコと和解できて嬉し泣きするみゆきを執拗に非難する光景を目の当たりにしたルーネス一行は激怒し、「これ以上、みゆきを悪く言うな」と彼女を庇った。ルーネス達もみゆきと同じく、ある過ちに悔んでいた。そう、デッシュがオーエンの塔で生死不明になったことや、それでサリーナに怒りを買われたこと。デッシュ、サリーナに謝った光の戦士たちに(im8890242参照)、みゆきは事件の発端は自分だと認め、みんなに謝罪する。四天王として邪魔をしてきたことや、みゆきをデスで殺した事を謝罪するルーネス一行。彼らに庇われたみゆきは「ルーネス達も、自分を責めすぎるとハッピーが逃げる」と説得。しかし、ルーネス一行はまだ後悔が残っていた…。

閲覧:79 コメ:0 クリップ:0

亜細亜の女子キャラがヘタ女子にょたりあキャラ含め大好きです みんな可愛いですね(*^▽^*) お借りしました モデル:C41様、うにDX様、ゆきとまと様、suz5様 アクセサリ:37様 ステージ:somi様 スカイドーム:怪獣対若大将P様、ゆづき様 エフェクト:ミーフォ茜様、下っ腹P様、進撃の暇人様、めめ様、おたもん様、針金P様、化身バレッタ様、ミーフォ茜様、そぼろ様 画面効果:tktk様 H28.9.22>にょたりあタグ&各キャラ名タグありがとうございました

閲覧:175 コメ:0 クリップ:2

弘前から三世寺・青女子経由の笹館ゆきと三世寺、板柳、小友経由の鰺ヶ沢町手前、十腰内ゆきの区間便として設定されていましたが、 2018年に路線の見直しがされ、区間便として走っていたこちらがメインになりました。 2009年に案内所は閉鎖され、建物も残っていません。 終点の停留所名は旧板柳案内所です。 青女子と板柳を結ぶ幡龍橋は、岩木山、八甲田山のビューポイントです。 板柳より先の小友や新和、種市、笹館地区は、北星交通による予約型乗合いタクシーになっています。 バス停の跡地に北星交通のポールが同じバス停名で置かれています。 夜は三世寺温泉ゆきが1便走ります。 まとめmy/clip/3257718

閲覧:101 コメ:0 クリップ:1

女性科学者・松村みゆきといっしょに機械刑事。ぼくの誕生日プレゼントをもらいました。 リンク:https://technoardo.blogspot.com/2021/03/technoardo-e-miyuki-pelo-pesonico.html

閲覧:66 コメ:0 クリップ:1

リヒテンもちを作りました!配布します!リンクとパスはコミュからお願いします!!co2921338かななお借りしたもの:ゆきとまと式日本娘、かなな式リヒテンもち、ニコニコモンズ

閲覧:557 コメ:0 クリップ:2

だから私も作ってみたんだよ コユキとも言うよ

閲覧:120 コメ:0 クリップ:0

外見の可愛らしい十歳児の少女らしからぬ舌打ちをするキリコ。                      それは、それは、実に、実に、「忌々しげ」といった感じに。                

閲覧:92 コメ:0 クリップ:0