工芸品 を含むイラストが 41 件見つかりました ( 21 - 40 件目を表示 ) タグで検索

関連タグ:
絞り込み: 一般 (41)  |  春画(R-15) (0)  |  すべて (41)

安定してうまいなー・

閲覧:184 コメ:1 クリップ:4

金沢の伝統工芸「加賀八幡起上り」にマトリョシカを描いてみました。

閲覧:32 コメ:0 クリップ:1

飴食べながらササッと描いた結果がこれだというw"梓飴(しい)"ってよびます。簡単に説明すると、飴が好き、ホント飴が好き、本気とかいてマジとよむくらいに飴が大好きらしい。心の中はいつも飴一色で、工芸品のような凄い?飴は大事に服にしまってあるとかいないとか。

閲覧:44 コメ:0 クリップ:1

「江戸切子」っていうらしいです!!!かわいい($・・)/~~~

閲覧:56 コメ:0 クリップ:0

「江戸切子」っていうらしいです!!!かわいい($・・)/~~~

閲覧:56 コメ:0 クリップ:0

「江戸切子」っていうらしいです!!!かわいい($・・)/~~~

閲覧:57 コメ:0 クリップ:0

「江戸切子」っていうらしいです!!!かわいい($・・)/~~~

閲覧:56 コメ:0 クリップ:0

「江戸切子」っていうらしいです!!!かわいい($・・)/~~~

閲覧:58 コメ:0 クリップ:0

「江戸切子」っていうらしいです!!!かわいい($・・)/~~~

閲覧:57 コメ:0 クリップ:0

「江戸切子」っていうらしいです!!!かわいい($・・)/~~~

閲覧:59 コメ:0 クリップ:0

「江戸切子」っていうらしいです!!!かわいい($・・)/~~~

閲覧:59 コメ:0 クリップ:0

一応255設計でかいたので、ちまちま積んでいきたいです。 昔ほど宗教色は減ったが、観光商業都市として栄えてる街。 ここは昔、ひどく乾燥した土地だったが、 "女神の涙"と呼ばれる飛来物のおかげで豊かな地へと蘇った。 しかしそれは周囲の環境を歪ませるほどの魔力を秘めており、 この辺の土地には、その影響のものと思われる結晶体が生えてきたりしている。 生成された結晶物は加工され、伝統工芸品として親しまれている。

閲覧:423 コメ:0 クリップ:5

「江戸切子」っていうらしいです!!!かわいい($・・)/~~~

閲覧:60 コメ:0 クリップ:0

チビキャラの5人目は『備後アキ』広島県なので工芸品の筆を持たせてみた

閲覧:74 コメ:0 クリップ:0

「江戸切子」っていうらしいです!!!かわいい($・・)/~~~

閲覧:59 コメ:0 クリップ:0

「江戸切子」っていうらしいです!!!かわいい($・・)/~~~

閲覧:60 コメ:0 クリップ:0

「江戸切子」っていうらしいです!!!かわいい($・・)/~~~

閲覧:61 コメ:0 クリップ:0

エルフの里で、豊穣を祝して秋祭りが催されることになりました。 早速、和狐のヤコさんがはりきって準備を進めて当日を迎えたのですが、そこは異世界ファンタジーじみた住民たちが住まう土地、少々変わった方向へ走り出しているようです。 さて、ここはヤコさんが住まう神社の社務所。エルフたちが集まってにぎやかです。 「ねえねえヤコ。ハロウィンのごちそうやお菓子いっぱい食べたいから、帯はゆるめでお願いね?」 「こんなところでよろしいかのう、鍾季様」 「うん、いいんじゃないかなあ」 「はろうぃーん、ですか。西洋の意匠を取り入れた橙色と紫苑色のお召し物、よく着物に合うよう揃えてきたものじゃのう」 「これは外の世界のものじゃないよ? 鍾季が染め上げたに決まってるじゃない。ちょっと面白そうだったんで、和柄に挑戦してみたんだ。和裁の腕前もなかなかでしょ?」 「素晴らしいものじゃ、アレクシス様は火を扱う工芸品に優れた腕を持ってなさるし、おふたりとも芸術に秀でておられるのじゃのう」 「しっかしまあ、よくオルティス兄ちゃん黙って着物に袖を通したもんだねえ。というか、あたしだってヤコに着せてもらったのに、しっかり自分で着こなしてた気がするけど」 「女物よりも着るのは楽だからな。それに、下手に華美なものをおしつけられるよりはずっとマシだ」 「えー、せっかくの機会だから兄様のために鍾季、ハロウィンカラーで中世風ふりふりレースのかぼちゃパンツとか、いろいろ衣装を準備しておいたんだよ?」 「……アレクシス、れむルカが持ってきた菓子、なかなかうまいな」 「ここでお腹いっぱいになったらもったいないよ? 広場でみんな腕によりをかけて屋台出すみたいだし」 「ちょっとー、ふたりとも鍾季のこと無視しないでよー」 「オルティス様、お着物似合ってて良かったですねえ」 「まったくだ、祭りの間はこの服装で通すとしよう」 浴衣テクスチャ:千様 https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=52740918

閲覧:1920 コメ:0 クリップ:8

食べるよりも、工芸品などで見たほうがいいのでは? 食して高級感覚を得る意味がわかりません。味もしないのにね(´・ω・`)

閲覧:80 コメ:0 クリップ:0

※1:背景は、ポリフォニー・デジタルの「グランツーリスモ6」を使っています。※2:背景の車種は、ホンダ・1300 クーペ 9 S'70(霰改二(艦これ)の愛車)となっています。2018年4月6日に改二実装された、朝潮型駆逐艦 9番艦「霰」。Lv63+改装設計図(x1)が必要。他の朝潮型改二と比較するとスカートの丈が長くなっており、膝が隠れる程度の長さになっている。防犯b…探照灯は持ってない。愛車は、日本車の歴史でも屈指のじゃじゃ馬と言われ、頂点に君臨した"1300 クーペ 9 S(1970)"。ホンダが初めて本格的に小型車市場に投入されたのが、この1300シリーズである。1960年代後半、ホンダは空冷エンジンにこだわり、空冷F1にまで挑戦した。1300シリーズは「DDAC方式」と名乗る冷却方式が最大の特徴だった。内外二重構造の間に空気を流すため、複雑な構造からアルミの工芸品(金属の芸術品)と呼ぶに相応しい。しかし、小型軽量であるはずの空冷エンジンが非常にかさ張り、それによってクルマ全体の性格まで規定されると言う、皮肉な結果になってしまったのも事実。パワーも強烈で、フロントに横置きされた4気筒1,300cc SOHCエンジンは、ノーマルのクーペ 7で95PS、キャブレター4連装のクーペ 9では110PSもの爆発力を秘めていた。このエンジンがエンジンルームを埋め尽くしていた為、いつもボンネットからゆらゆら陽炎が立ちのぼり、停止直後に触ると火傷しそうだった。そんなホンダ・1300最大の武器は、勿論加速力。反対にコーナーでは無理は禁物だった。鼻先が重く、ステアリングを切り込むと同時に外輪前輪に過大な荷重がのしかかり、まだラジアル化されていなかったタイヤが派手に悲鳴をあげ、ドドッとグリップを失いかける。そこでアクセルを戻すと柔らかいサスペンションが耐えきれず、そこからドラマチックにリアが流れる。それだけ、慎重にコーナーをクリアしてから、絶大なパワーに物を言わせた立ち上がり加速に頼る必要があった。【お借りしたモデル等】霰改二:あるが様AutoLuminous4 Ver4.2:そぼろ様

閲覧:347 コメ:0 クリップ:0