鉄道小ネタ(新車呉)の人 を含むイラストが 9 件見つかりました ( 1 - 9 件目を表示 ) タグで検索

<<前の20件 | 1 | 次の20件>>
絞り込み: 一般 (9)  |  春画(R-15) (0)  |  すべて (9)

105系の4扉と117系を 今後はトイレ有を227 最終的には混結してち

閲覧:927 コメ:3 クリップ:2

新快速にも関空快速み

閲覧:524 コメ:1 クリップ:1

楽しそう。応募してみ

閲覧:561 コメ:1 クリップ:1

「迷列車で行こう静止

閲覧:396 コメ:1 クリップ:1

むしろJR九州と共通運

閲覧:832 コメ:1 クリップ:4

この車両の基本構造は227系に準拠しているので、さほど目新しい点は無いと思い込んでいたが案外そうでもなく、フルSiC素子を用いたVVVFインバータ制御や全閉式IM、LED式ヘッドライトをチャッカリJR西日本の車両で初めて採用していて、オマケ程度に加速力も若干上げられていた。なぜこの点をPRしなかったのだろうか。 なお、公式発表から実車登場まで1年半の歳月が流れていたため、その当時とは異なる点が散見される。具体的には、先頭車側面のロゴマークと女性専用車両の戸袋カラーリング色調、クモハ323形のパンタグラフ搭載数(2基→1基)である。細かく見ていくと、前面貫通扉が非常時貫通式となった他、側面大窓のカーテンピラーがなくなり、台車はヨーダンパ・軸ダンパともに省略されている点も挙げられる。 せっかくなので、4扉バージョンや他路線用バージョンも描いてみた。しかし、実現する可能性が低いor無いものばかり。

閲覧:710 コメ:0 クリップ:4

・衝突対策の一環である、衝撃吸収構造 ・貫通幌の連結にも対応 ・「耳」を備え、先頭部においても連結時の隙間をガード そういった要件を全て満たしたのがこの顔であり、JR西日本自身も「完成度の高い顔」と語る。一昔前のJR西日本では新快速用223系の顔が広く普及していたが、今ではこの顔が系列や会社をも超えて広まることとなる。 この顔のベース元となった225系1次車は、223系0番台に相当するポジションと見てよい。

閲覧:834 コメ:0 クリップ:4

迷列車・・・それは、迷要素やら定義やらを云々述べて出来上がるものではない。鉄道と自分そのものである。 消えゆく名優たちを追いかけ、新時代の到来を受け容れることそれ自体が、「迷列車スクープ」という一つの大きな物語になったのだ。 平成の世を駆け抜けた彼らと私たちとの思い出は、令和の世になっても煌々と輝く宝物なのである。 迷列車スクープ 2013年5月10日~2019年3月17日 全60話

閲覧:200 コメ:0 クリップ:2

※完全なる自己満足イラストです。 このキャッチフレーズには、500系の再起とタイプエヴァ回の復活という2つの意味が込められています。

閲覧:389 コメ:0 クリップ:1

<<前の20件 | 1 | 次の20件>>