ログインすることで、フルサイズの画像を閲覧・コメントの投稿ができます。
埴輪『踊る陽炎型』

埴輪『踊る陽炎型』

投稿者:沈々綿棒 さん
これは1932年に埼玉県の太宇井太宇井古墳より発掘された、二人の艦娘を表現した二体の埴輪である。この古墳が作られた5世紀頃は海が内陸深くまで進出しており、現在海に面していない埼玉県から艦娘の埴輪が出土するのは不思議な事ではない。埴輪に施された髪型と制服の表現から、この埴輪は両方とも陽炎型駆逐艦を象ったものとする見解が一般的である。戦前の考古学者アザース・オフロ・ダイスキー博士によれば、この埴輪は陽炎型…
2020年04月07日 01:59:04 投稿
登録タグ
はじめての方はアカウント新規登録へログイン画面へ
このイラストに関連するイラスト
2021年06月17日 07:05:34
2021年06月17日 22:35:13
2021年06月17日 17:01:13